ロゴ

solar.net

太陽光発電で地球に優しく!太陽光パネルがおすすめな理由

エコライフを目指そう

今や地球温暖化によって、住宅環境について考えているご家庭も多くいることでしょう。こちらではそんなご家庭におすすめできる太陽光発電システムについての情報をまとめています。

太陽光発電とオール電化の違い

太陽光発電

太陽光発電とは、太陽によって日射された光を吸収し、電気へ変換する発電になります。自然の太陽光を利用することを目的としているため、その日の日射量によって変換できる電力はバラバラで安定しにくいですが、環境的にも経済的にも優しいシステムです。

オール電化

一方、オール電化とは、今までご家庭で利用してきたガス製品を全て電化製品にすることを指します。具体的にいうと、調理で利用するガスコンロをIHに変えたり、給湯器を電気仕様に変更したりするということになります。

太陽光発電システムに関連する情報

家

京セラの魅力

太陽光発電システムを導入するのなら、多くのご家庭から評判がいい京セラに任せてみてはいかがでしょうか。京セラの太陽光発電は品質も高く、保証サービスもしっかりしているので長期間にわたり安心して運用することができます。

READ MORE

太陽光発電モジュールとは

太陽光発電を考えているご家庭では、「太陽光発電モジュール」という言葉を聞いたことがあるでしょう。太陽光発電モジュールとは、太陽光パネルに利用されている太陽電池と単位のことで、そのまま名称として利用されています。他にも太陽電池の単位には「セル」「ストリング」「アレイ」といったものがあります。

太陽光発電システムのメリット

光熱費を削減できる

太陽光発電システムでは、太陽光パネルで日射を吸収し電気へ変換することで、ご家庭で利用している電気をまかなうことができます。そのため、太陽光発電システムを導入する前に比べて、光熱費をかなり抑えることが可能なのです。

売電を利用できる

太陽光発電システムで発電した電気は、ご自宅で利用するだけでなく電力会社に売却することができます。売電価格自体は年々下がってきているものの、それでも発電した電気を高く売れるというのは、太陽光発電ならではのメリットです。

災害時や台風時にも安心

地震や台風などの自然災害によって電気が供給されなくなった場合でも、太陽光発電を導入していれば電力供給を自動的に行なってくれます。そのため、停電しても明かりを灯すことができるだけでなく、普段から利用している家電も引き続き使用することができるのです。

メンテナンスがほとんどない

太陽光パネルを設置するとほとんどメンテナンスをする必要がありません。もちろん、十年単位の運用ならば数回程度のモジュールの取替えは必要になってきます。しかし、逆に十年単位での運用でそれだけの手間なので、メリットの方が大きいでしょう。

[PR]

静岡の太陽光発電業者をチェック!
店舗選びの参考にしよう 長崎で太陽光発電を設置してもらおう
人気の高い店舗の特徴を紹介 電気温水器を格安価格で設置
事前に見積もり金額を確認しよう

福岡で太陽光発電の申し込み
依頼までの流れを確認

太陽光で発電する

作業員

太陽光発電の普及

福岡や名古屋では光熱費の削減を目指すため、または万が一の災害に備えておくために、ご自宅の屋根に太陽パネルを設置するところも増えてきています。そもそも、何故、現在太陽光発電が多くのご家庭から取り入れているのかをご存知でしょうか。以前では太陽光パネルを設置する初期費用だけでも数百万円かかるほど高価なものでした。しかし、今では初期費用も100万円ほどに低下し、長期間の運用を視野に入れたときのメリットが大きくなっています。そのため、太陽光発電が急速に普及してつつあるのです。

太陽光発電の仕組み

住宅用の太陽光発電のシステムは日射エネルギーを受けることで、太陽パネルに内蔵されている太陽光電池(モジュール)が発電し、その電力をパワーコンディショナーによって電力会社と同じ交流電力に変換します。そして、変換した電力がご家庭で利用している家電製品へ供給されるというわけです。また、変換された電力が消費電力よりも上回った場合には、電力会社へ送電し、電気を買い取ってもらうこともできますし、蓄電しておくことも可能です。

太陽光業者を選ぶ

太陽光発電を導入するのなら、設置する太陽パネルのメーカーや設置を依頼する業者について考えておくべきです。太陽光発電を提供している業者によって、初期費用はもちろんのことラーニングコストがかなり違ってきます。また、太陽パネルのメーカーによっても同様です。そのため、価格を抑えるためにも太陽光業者を厳選することは大切なのです。太陽光業者を選ぶ際には、自社施工の工事業者かどうか、複数のメーカーを取り扱っているかどうか、施工実績が豊富かどうかという三点をチェックして決めるといいでしょう。

[PR]

広告募集中